飲食店・美容院の居抜き、閉店の事なら株式会社アイシード

通常、お店を撤退・閉店する場合には、家主との賃貸借契約に則り、
原状回復費用や解約前予告家賃等が発生します。この費用は出店時に預けてあった敷金から差し引かれるため、賃借人の手元にはほとんど資 金が残らないのが実状です。
このようなことでお悩みのお客様に、居抜き(設備がついたままでの売買、あるいは賃貸借のこと)として…

アイシードには、出店を希望されるお客様が多数登録されています。当社のお客様に撤退店舗の情報をご紹介させていただき、出店が決まれば、家主様との交渉の上で原状回復費用等の撤退費用が大幅に削減できます。
さらに、後継出店者と造作買取の交渉が成立すれば…

居抜き、閉店のサポートを致します。

これら居抜き店舗の契約は、居抜き契約を行うテナントオーナー・賃貸契約を行う物件オーナー双方と後継出店者である賃借人がそれぞれ契約を交わします。したがって、どちらかの契約が壊れると、もう一つの契約も駄目になりますので、間に入る仲介業者は慎重に交渉を進める必要があります。


居抜き店舗、造作売買の流れ

※下記の流れは一例です。

居抜き店舗、造作売買に流れ

費用について

居抜き契約が成立した際に、当社にお支払いいただく手数料は下記の通りです。

居抜き居抜き売買金額が200万円以下の場合
一律216,000円(税込)

例) 100万円で居抜きが成約した場合の報酬額
216,000円(税込)

居抜き売買金額が200万円以上の場合
売買金額の10%+消費税

例) 300万円で居抜きが成約した場合の報酬額
324,000円(税込)

アイシードでは、閉店されるオーナー様のご負担を少しでも軽減できるよう、最大限の努力をいたします。しかし、気になるのはやはり費用ではないでしょうか?「サポートしてもらいたいが、いくらかかるのだろう…。」という不安にお応えするためにも、アイシードでは、必要となる費用をホームページで明確に掲載しております。費用はかかりますが、私共がサポートさせていただくことで、造作買取代金を得ることができ、費用以上のメリットを感じていただけます。
残念ながら、居抜き譲渡ができなかったお客様のために、アイシードでは格安にて原状回復工事を行います。